ミニCスタイル

土地活用の可能性を広げるCスタイルという提案です。

狭小地で賃貸住宅経営をするために、建物に求められるキーワード。
それはCompact【小型で充実している】。
限られた空間を効果的に利用できるプランであることが重要です。

中階段タイプの『ブレイン・ミニ "C"スタイル』は、最大限に居室空間を確保。
多くの賃貸マンションを建設してきたブレインマンションだからできる効率的な居室レイアウトが、住む人のさまざまな生活場面での利便性を高めます。

Feature.1

中階段タイプで、コンパクトな敷地でも建築が可能になりました。幅広い賃貸住宅ニーズに応える1LDKから2LDKまでをラインナップ。

ちょっと広めの部屋を希望するシングルやヤングファミリーに対応する1LDKから子供のいるファミリーに向けた2LDKまで、地域のニーズに合わせてご提案できます。それぞれ、コンパクトながら居室や設備が効率よく配置されたプランです。
また、それぞれのプランについてガス仕様・電化仕様があり、最適なプランをご提案できます。

Feature.2

どのような周辺環境にも調和する落ち着いた外観は、全面タイル貼りで長期にわたってあなたの資産を美しく保ちます。
周辺の建物や施設などに近接している市街地でも、全面タイル貼りのブレインマンションの外壁が美しく溶け込みます。

Construction Example

ミニEスタイル

「コンパクトな建物で広い部屋」という要望をEスタイルが実現します。

プライバシーを気にする入居者に人気の中階段タイプ。
Expanse【広々とした空間】を意味する『ブレイン・ミニ "E"スタイル』は、DKやLDKを広めにしたプランで、特にファミリーに人気があります。

土地の利用効率の高い中階段タイプながら、広めの室内空間を望む入居者ニーズにも応えます。

Feature.1

「コンパクトな敷地に対応する」というブレイン・ミニのコンセプトはそのままに、広めの室内空間を望むニーズに対応する居室レイアウトを実現。
DKまたはLDKを南側に広げることで、最大限の居室面積を確保。家族の触れ合いの中心となるスペースを広く取った、ファミリー向けのプランです。

Feature.2

それぞれに異なる敷地の条件。特に、前面道路の方角に会わせることができるよう、2DKと2LDKそれぞれにエントランスの位置の異なる2タイプを設定。いずれのプランにも、ガス・電化仕様が設定されています。

Feature.3

「周辺環境との調和」と「個性の主張」。この2つは建物のイメージを決める重要なポイントです。特に最近では、建物の外観も部屋選びの大きな要素になっていて、賃貸経営における重要度は大きくなっています。
バルコニー手すりと外壁面が一体となったスタイリッシュな外観がEスタイルの大きな特徴で、建物デザインのアクセントになっています。
シンメトリーとなったスタイルは、全面タイル貼りの仕様を強調した外観と相まって、落ち着きの中にも重厚さと高級感を感じさせます。

Construction Example

ブレインマンション
サイトマップ