賃貸経営 知っトク通信!

賃貸経営は企画と建物がポイント

[土地活用の基礎知識] 2017/01/11 13:09:03

賃貸住宅市場では本格的な繁忙期がやってまいりました。

空室を抱えるオーナー様にとっては何かと気苦労の多い時期ではないでしょうか。

さて、昨年から賃貸住宅市場に関連する新聞記事や報道が度々なされてきましたが、12月の日経新聞にも「アパート融資 過熱警戒」という記事が掲載されました。

記事によると、アパートローン急増は相続税軽減目的でアパート経営に乗り出すケースが増えたことが大きな要因であるとしています。この動きには金融庁も警戒感を強めているようで、オーナー様に不利益な条件になっていないかなどを一部の金融機関を対象に調査を行うとのことです。

ローンを組んでアパートを建築したまでは良いものの、入居率が悪ければ収入よりも借入金返済が上回り節税どころではなくなってしまうという事も懸念しています。


やはり賃貸経営における最大のポイントは空室ということではないでしょうか。


何度かこのコーナーで触れている通り、賃貸住宅経営において最も肝心なことは空室を出さない企画と建物です。

企画は的確な市場調査に基づき立案され、建物は入居者が安全かつ快適に生活できる構造と性能を備えていなければなりません。

これから賃貸経営を行うオーナー様においては安易に賃貸経営に乗り出すのではなく、市場および建物構造や建物性能と、建設会社などのパートナーをしっかりと見極め様々な角度から検討されることをお勧めいたします。

「ウチもそろそろ賃貸住宅の建設を検討しようか」とお考えであれば、まずは賃貸住宅建築に精通した地元の建設会社にしっかりとした市場調査をしてもらいましょう。

**********************************************
良い建物だからできる、安心の賃貸経営!
綿密な市場調査はお近くのブレイン加盟店までお気軽に!
**********************************************

ブレインマンション
サイトマップ